凝集する過去 還弦主義8760時間

過去情報 >> P-MODEL P-MODEL > 電子悲劇 > CD-EXTRA レコーディングレポート -2
P-MODEL P-MODEL > 電子悲劇 > CD-EXTRA レコーディングレポート -2
CD-EXTRA レコーディングレポート -2

CD-EXTRA レコーディングレポート -2
カテゴリ 電子悲劇     前回更新: 2009-12-18 14:23    
=== ☆★  P-MODEL号航海日誌大公開!  ★☆ (未読 0/総数 9) HCB.CC <7044>
=== 41221650(P-MODEL), 97/ 5/29 02:48, 58行, 0(0)関連コメント <12234>
表題: 突撃!テクノの晩ご飯
---

航海日誌 JP-2851997

メンバーは全員無事に帰国した。サバイ。
今日からTOKYO作業の始まりである。
我々は録音からミックスにいたるまで
一環してデジタル機器を使う。デジタル
は民衆の力だ。デジタル機器にもったいぶった
権威を与えたやつはどこのどいつだ。
我々は明確に犯人像を捕らえている。デジタル
が本来持つ性格とは,権威と占有の終焉だ。
我々はレコーディングには極悪の環境である
タイ王国へ,あえて民生機のデジタル器材を
持ち込んだ。それは,メジャーにオーソライズ
されない民衆にも,メジャーリリース版に
対抗できる作品作りがデジタル技術によって
可能な事を証明するためでもある。
P-MODELは今TOKYOの,等身大のデジタルスタジオ
で作業をしている。我々はレコーディングの
在り方をすでに変えてしまったようだ。
ざまあ見ろ。

さて,本日の作業は平沢,福間 共作の 「ASHRA CLOCK」
から。極悪非道の黒塗りベンツに偽札を積み,路上生活児たち
の食料を調達しに行く。歩道では天使がバクチで人を売り買い
している。我々は悪事の成就のために自らの身を獣の餌に
する。口笛吹いて軽やかに。生と死の境のあの場所でキミが
誰だったかを思い出すという最大の悪事は成就する。
メイド イン バンコク の馳走するデストロイ。

午後7時10分。倫テノからビタミンキャンディーとカルシウム
ドリンクの差し入れ有り。メンバーは見る見るうちに骨太になる。

元気になった福間は,ノリノリのバッキングトラックを聞きながら
ミキサー卓の回りで,完成を待ちきれず,
骨太に踊りくるっている。誰か扇子を調達やってくれィ。(小西)

午後7時30分,福間にくるみぱん到着。タイでは連日全食
カオパット(チャーハン)を貫徹した福間にはちとファンシー
な焼きたて直送便100円なり。

ところで小西は訪日行脚でレポートしたように,何故か印鑑を
持ち歩いている。あれから一年,はたして今日もまた印鑑は
所持されていた。あー捺印,捺印。
ところが強敵現る。倫テノは合計4本の印鑑と朱肉を持ち歩いて
いた!さすがの小西も,この「朱肉がえし」にはひとたまりもない。

午後9時30分。
さて,晩ご飯のメニューは下記の通り。

福間:エビカレー
小西:ナスとトマトのスパゲチー
平沢:オムライス

午後10時,食事後ミックスの後半戦に突入。はたして日付が
変わる前に終わるであろうか?



=== ☆★  P-MODEL号航海日誌大公開!  ★☆ (未読 0/総数 10) HCB.CC <7044>
=== 41221650(P-MODEL), 97/ 5/30 04:16, 63行, 0(0)関連コメント <12245>
表題: 呪文と寒風吹きすさぶ無国籍スタジオは今日も・・
---

航海日誌 JP-2951997

昨日は午前1時30分に終了。
本日のメニューは平沢曲の 「 BA-DDHA-DA 」
なんや? BA-DDHA-DA て!?
そこに通じるには呪文が必要であった。
電子僧侶 小西の無常の読経がスタジオに響く。
あーありがたや。

突然スタジオ内に妙な発信音が響く。正体は
小西の携帯の電池切れ警告音であった。
突如勃発する全員の携帯チェック合戦。ずらっと
並んだ携帯5台。さて,どれが誰のでしょう?

スタジオではタイ気分の抜けないメンバー間で
タイ人の話す日本語のまねが大流行している。
思った通りだ。
その上、平沢の話す大阪弁とも京都弁とも
断定不能なバーチャル関西弁が,タイ風日本語に交じって
飛び交い。スタジオは無国籍状態である。(小西記)

ここで,今回我々がとったレコーディングのプロセス
を簡単に説明いたしましょう。
ベーシックに使われたレコーダーは Roland社の
民生用ハードディスクレコーダー VS-880。合計
64のレコードトラックを持ち,実用性の高い
スタジオをコンパクトなボディーに凝縮した
技術者の執念を感じる革命的な携帯スタジオである。
我々は 総額20万円以下というごく標準的な装備の
VS-880を各自一台ずつ所有し,まず自宅で制作された曲の
スケッチをインターネット上でリアルオーディオ
を使って確認しあった。その後全曲を各自自宅で
仕上げ,そのデータを納めたMOディスクとVS-880
を鞄に納めて,タイへ。( 続きはあした )

しかし,何故にスタジオはどこも寒いであるか。
タイのスタジオは外気との差が30度もあり,しかし
何故にタイ人は半袖であるかあ。器材保護とは言う
ものの人は保護せんのか!今も寒すぎるので温度を
上げろと言ったばかりなのに,何故よけいさげるか。
このボケ!

6時 本日の遅い昼食兼夕食
メニューは中華弁当。
福間は相変わらず弁当のご飯には焼き飯を注文していた。


7時 タイにおいては,謎の日本人達に貸すギターなど無いと
貸し出しを拒否され,ブランクのままになっていた小西曲の
ギターソロパートを,トラックダウンをしているスタジオの
別ブースにて,録音。

我々は今一つのスタジオという空間にいるが,同時に4つの
スタジオも所有している。遮音さえされていればいくつもの作業
が同時進行する。ああ進行,進行。

さて本日は日付が変わるまでに終わるのであろうか?

終わらなかった。現在午前1時35分。最終整音終了。
ただいまよりMIX DOWN を執り行います。一同起立。
あー整音,整音。



=== ☆★  P-MODEL号航海日誌大公開!  ★☆ (未読 0/総数 11) HCB.CC <7044>
=== 41221650(P-MODEL), 97/ 5/31 03:22, 98行, 0(0)関連コメント <12256>
表題: P-MODELにクマさんは似合うか?
---

航海日誌 JP-3051997

TOKYO作業3日め。

本日のメニューは 「Layer-Green」
電子舟P-MODEL号は空間移動,位相移動
の二つの航行能力を持ち,今は位相旅行
を行っている。P-MODEL号がめざす
世界の層は何処か。

レコ倫問題勃発。TOKYO作業初日に終了
した ASHRA CLOCKの歌詞が問題になる
気配ありと,ディレクター発言。現在
対処中。

それでは,レコーディングプロセスの続き。
タイでは,各自が自宅で準備したオケにボーカル
を被せる。タイで必要なのは,タイという環境と,
防音された部屋のみである。全ての作業はVS-880
のみで行われた。もはや我々は特定のスタジオを
必要としない。我々が気に入った場所が即スタジオ
である。電源さえあれば,それが北極でも,チベット
の山奥でも。

さて,ヴォーカル録りの後はMIX DOWNである。VS-880
だけでもMIXは可能だが,便宜上TOKYOのスタジオで
データは一旦VS-880からマルチトラックのレコーダー
に移植される。VS-880には アウトが4つしかない。
仮に64トラックを全て移植するには 64÷4=16
で16回のプロセスが必要である。しかし,全てが
デジタルで記録されていることを思い出してほしい。
4台のVS-880にオリジナルデータを持つことが可能
なのだから,4台をリンクさせればアウトは一気に
16となる。
このプロセスは,スタジオに楽器を持ち込んで演奏
するよりはるかに早い。実際,ギター,ヴォーカル
以外はスタジオでは一切演奏されていない。
では,残った時間はどうするか。勿論 SIM CITYでの
鍛練と学習にあてられる。むふふ。

にわかに,プロモビデオの構想談義になる。(作るか
作らないかは別として )実現できたらメッチャかっちょ
いいのだが。まったく皆さんタイがお気に入りのごようす。
むふふ。

午後9時30分。夕食後,突然 平沢が福間に告白をする。

ひ:あのな
ふ:はい
ひ:私は 「う」 です
ふ:え?
ひ:「う」は 私

その後スタジオに設置された福間のMACから4月2日の
深夜に行われたPeople でのOLTのLOGが引っ張りだされ,
スタジオは 死 の笑いと化した。福間は本当に何も
知らなかったのだ。

きゃああああ福間さああああん。水族館つれてってええええん。

小西は,,,
以下発言者削除(小西記)

コロンビア平野(TESLAKAITEのお姉さん) から,
クマやウサギが電子メールを配達して来ると言う
かわいっちいインターフェイスの電子メールソフト
PetPostをコロンビアとの公式連絡用に使うように
命令された。
しかし,「こんなもの,P-MODEL似合うものか」と
小西はスタジオの机を倒して怒りくるった。

ウソです。僕はクマさん大好きなんです(小西記)

このレポートを見る限り,我々はほとんど遊んでいるように
見えるが,そうでも無い。以下現在進行中の作業を紹介しておく。

午後10時20分。ヴォーカル サビパートのエコー処理
実施中。

11時30分サンプリングのゴミ処理実施中。

0時30分ラジオヴォイス処理完了。さてMIXに突入。

0時35分。
ディレクター秋元(TESLAKITEのおにいさん)から,
ASHRA CLOCKの歌詞を部分的に当て字に替えろとの
命下る。歌詞は以下のように書き替えられる事になった。

天使がバクチで人を買う----->天使がバクチで人を支う(かう)

天使がバクチで人を売る----->天使がバクチで人を得る(うる)


午前1時15分めでたく本日のプログラム終了。長い一日
であった。明日から5日間休み 6月5日より再開。
レポートも5日より再開。 しばし待たれよ。



=== ☆★  P-MODEL号航海日誌大公開!  ★☆ (未読 0/総数 12) HCB.CC <7044>
=== 41221650(P-MODEL), 97/ 6/ 6 03:54, 98行, 0(0)関連コメント <12347>
表題: いま、なんてゆうた?
---

航海日誌 JP-561997

さて,本日からまたスタジオである。
5日間のOFFでいったいメンバーは何を
していたか。ひとりずつチェーック。

福間:ゲリラ戦
平沢:ゲリラ戦もどき
小西:日本橋に2回行った。

おっと,ここでMOMOちゃん登場。MOMOちゃん
といってもゼブラ男,金町のMOMOちゃんではない。
若いほうのMOMOちゃんである。しかし,公称年齢
は金町のMOMOちゃんのほうが一才若い27才。
しかし,若いMOMOちゃんは イカ焼きの差し入れ付き
なので,偉い。
ところで平沢は イカ焼きから一つ残らず イカを
よけて食べている。「イカ焼きも イカが入って
なければ もっとおいしいのに」......など。

本日のメニューは 福間,平沢 共作の 「COLORS」
さて何色でしょう。

先程からTESLAKITEのおねいさんはサンレコ編集長が
来るのを待っている。3時の約束だが,現在4時半。
おりしもたった今,おねいさんの「たまごっち」が
死んでしまった。怒って帰りました。ぷん。

6時10分。福間先生デレイタイムにこだわる。
以下関西イントネーションにて,
「 プリセットのディレイ使ったんですよ。だから
ちゃんとテンポにあってないほうがいいんですよ」
「シンセにつまみがついてるんですよ。ディレイの」

6時20分ミキシングコンソールをコントロールして
いるコンピューターがエラーメッセージを出す。
エンジニアは何のエラーか確認せず,やみくもに
OKを押した。

7時0分,夕食のリクエストを聞きに倫テノ コント
ロール ルームに現れる。本日は日本そば系である。

7時46分。 「めばちこ」て なんじゃー!!!
平沢は初耳,小西,福間は「めばちこ」が関東で
通じないことを新発見。

7時50分「でんぼ」て なんじゃー!!!
「でんぼ できてもうた」??????

7時52分「 とばくち 」て なんですの?
平沢は関西陣初耳の「とばくち」で応戦した。
エンジニアの吉野氏が「ころぽっくる」で参戦
したものの,あっと言う間に敗北。せめて
「ぼっこまんま」で応戦してほしかった。
かくしてスタジオ内「ふれあい方言の旅」
は終了。ほたえなや。

8時50分 「ほんまでっかいな」と福間は
無理なく言った。ここで,平沢は,ここには
関東人が一人しかいないことに気付く。
東京とはそういう所だ。

10時,アセロラ ドリンク,カルシウムドリンク
が支給される。このレポートを読むかぎり遊んで
いるように見えるが,けっこう神経を使っている
のだ。ありがたや。

0時5分。
ところでMIX DOWNという作業は一つの曲を10時間
近くもくり返し聞かなければならない。明日は,MIXが
完了するまで,いったい何回プレイバックされるのかを
カウントしてみよう。な,福間。

さて本日の作業も大詰めにさしかかって来た。
まもなくオケとヴォーカルのレベルを整える
最終作業に入ろうとしている。
ヴォーカルレベルを監視するヴォーカル・ポリス小西
によってスタジオは仕切られる。あー賄賂,賄賂。

1時15分
任務を遂行しはじめる。
しかしこの曲の監査はとても難しい。
困るよ,福間(小西記)

1時40分
本日の終了を目前にして,予期せぬエラー発生
しかし,タイ国にて十分すぎるほど
マイ ペン ライ 精神を体得したメンバーは
誰ひとりとして動じる様子が無い。
相変わらずタイ語べらべらの福間の
「お茶をください」で
メンバーは真夜中のティータイム
スタッフは修復作業をする。

2時10分。本日の作業は全て終了。
さて,帰るか。



=== ☆★  P-MODEL号航海日誌大公開!  ★☆ (未読 0/総数 13) HCB.CC <7044>
=== 41221650(P-MODEL), 97/ 6/ 7 04:48, 128行, 0(0)関連コメント <12363>
表題: テクノの芳香テクノの応酬
---

航海日誌 JP-661997

本日はのっけからスタジオ前の道が通行止め
でなかなか到着できない。
天候も怪しく,雷が心配だ。おっと,ここは
タイではなかった。

本日のメニューは 小西 曲の 「HIDDEN PROTOCOL」
隠されたプロトコルがあるとは,リスナーに何を
しろというのか? 勿論探して欲しいのだ。どこに?
おせーてやんない。

ところで,平沢の作業部屋は小犬のトイレと化して
いる。消臭スプレー グセがつき,ここスタジオでも
せっせとスプレーしている。ソファーあたりに,
ロッカーがそこはかとなく残した足の匂いはP-MODEL
にはふさわしくない。日本のスタジオもついには
野球部の部室か。風呂入れ,ばかたれ。
タイエアーの機内からギってきた おてふき をそっと
カバンの中から取り出すSYS-1。スタジオ内に人工ジャスミン
のいかがわしい香りが漂う。あーサイエンスフィクション。
でかしたSYS-1。お清め,お清め。

7時10分。小西,位相にこだわる。福間 位相に
ついて小西に質問する。小西答える。福間,納得する。

7時32分。福間,シーケンサーの背景絵画にこだわる。
本日の背景絵画は,輝く星くずが歌心をくすぐる
「スター・ガイ」。 さすがプロは環境選びから徹底している。

ところで,スタジオには小西が持ち込んだ,変な機械
がいっぱいある。いい音になる。以下変な機械リスト。

1:電池駆動のヘッドアンプ---->いい音になる
2:高価な アナログ<--->デジタル 翻訳機。---->いい音になる。
3:旧式 やまびこ 発生機----->あたたかい やまびこ になる。

スタジオのどこかに隠された カステラ。C2のおねいさん
が来るまでおあずけだという。 なんで男だけじゃダメなんだ?
あー セクハラ,セクハラ。
★C2とはP-MODELオッフィシャル・ホームページ
を作っている組である。ふるさと ねいさんは
平沢 宅に来て,帰り際に小犬を一匹くすねた
く の 一 である。

8時15分。
小西,ベースのバランスにこだわる。シンセ ベースに
生ベース(手弾きベース)がかさなっているので。
さすが20年間弦を取り替えていないベースは いい音
がする。平沢も今後 20年先の音を見越してギターの
弦を取り替えないようにしようかなっと(シトロエン
みたいじゃ)。下着はとりかえましょう。

8時40分。C2のおねいさんは まだ来ない。急遽 C2の
おねいさんが来た時,どうやって カステラの在処をはかせる
か,作戦をねろう。
まず,おねいさん が来たら 福間が後ろに回り,はがいじめ
にする。すかさず平沢が ボディーに鉄拳をくらわし,
ひるんだところで,小西が自分の曲の譜面にライターをかざし,
「 ねーちゃん,これを燃やして欲しくなければ,カステラ
の在処をはかんかい 」という。もしも嘘を言おうものなら
福間は「 そういう事をいう口はどの口だ,オレの口でふさいで
やる」と,かませばよい。---------完璧。
P-MODELにセクハラするとどんな応酬にあうか,思い知れ。

9時。おねいさんが遅いので,たまりかねたメンバーは
ついに出前の注文に踏み切った。
スタジオの出前メニュー集に存在する,二軒の「長寿庵」の
謎。二つの長寿庵は互いに相手の店を素人呼ばわりしている。
本日の夕食は以下の通り。

福間:チャーハン
小西:沖のやん衆の スタミナ 飯
平沢:カニ 抜き 点心どん

10時15分。とうとうC2のおねいさんは現れなかった。
かわりに,コロムビアのデスクの近藤おねいさんと TESLAKITE
の平野おねいさんが来た。平野おねいさんは,しょうこりもなく
またたまごっちをリスタートさせていた。ベビーッチは今
2才,16グラム,空腹,しつけ がなってない,不機嫌。
年齢と体重以外は飼い主によく似ている。
近藤おねいさんは,今日も ビックリ していた。

予定では明日が最終日だ。打ち上げのメニューはなーんだ?

0時3分。平沢が,寝ているベビーッチに無理矢理エサを
やれないもんか,とか,叩き起こして無理矢理遊ばせられ
ないかと試みているとTESLAKITEのおねいさんに見つかり
怒られてしまう。

0時10分。
ディレクターの秋元先生現れる。先生は
浦和ロックンロールセンターの残党なのだ。


0時15分。
小西,ゲート・リバーブにこだわる。 「レトロな切れをくだされ」
と,合掌する。

0時30分
イントロにデストロイが必要になり,急遽平沢の
デストロイなギターエフェクターが登場する。

1時10分。今までタイ語でおちゃらけていた福間が
全員から飲み物のリクエストを取る。平沢,タイ通の福間に応えて

コー チャー イープン ローン クラップ (注1)

すると福間,ばっちり理解したという表情。数分後,自信満々
で飲み物を運んで来た。

平:コープ クン クラップ (ありがとう)
幅:マイペンライ クラップ ( どういたしまして)

ここで福間に大拍手。だがしかし,飲み物は 紅茶 であった。

注1: コー (下さい) チャー イープン(日本茶)ローン(熱い)

福間,おねいさん たちに モテモテ。

さて,昨日予告した,「MIX DOWNにおいて,一曲が何回プレイバック
されるか」の報告。1時25分現在 242回目 をプレイバック中。
(途中停止含む)それでも歌詞を覚えない平沢。

2時40分。いよいよ最終段階。現在327回目のプレイバック。
あと最低2回聞けば終わり。本日のレポートはこれにて
おしまい。



=== ☆★  P-MODEL号航海日誌大公開!  ★☆ (未読 0/総数 14) HCB.CC <7044>
=== 41221650(P-MODEL), 97/ 6/ 8 22:29, 91行, 0(0)関連コメント <12379>
表題: え、もう?
---

航海日誌 JP-761997

レコーディング最終日。
本日の平沢はマレーシア人のコスプレ。
福間は暁の寺より貸借しているありがたい
ペンダントを付けてタイ人のコスプレ。
小西は昼食中のレスキュー隊のコスプレ。
国籍不明のスタジオには,本日のメニュー
小西 曲 「Affirmation」からチベットものの
サンプリングがブフォーと響く。C2のおねいさん
をはがいじめにするには絶好の設定。

6時。平沢,福間マックのマウス掃除をはじめる。
おかげで新品のような滑らかな動きになる。
動きがよくなったマウスで,平沢
自宅から各スタッフ,メンバーの家までの
道のりの検索をはじめる。
北海道まで電車で行くらしい(小西記)

大阪の小西邸から日光江戸村まで 4時間45分。
片道17,600円。連れてってエー,小西さーん。

6時30分テスラカイトのおねーさんが来た。
タマゴッチにはお菓子をあげてはいけないそうだ。
平沢は,おねいさんの目を盗んじゃあ お菓子を
あげまくっている。

8時30分。未だ作業は続いているが,ここで中打ち上げ。
倫テノ,どこからかタイ料理を調達。

「 コー ペット ニット ノイ 」注1 「キン レオレオ 」注2
「 イム レーオ」注3

注1:少し辛くして 注2:はやく 食べろ
注3:もうおなかいっぱい

などなど,福間のコスプレも本格的である。
ここで,昨日に引き続き 若いほうの MOMOちゃん現れる。
何故か日光江戸村のパンフを持っている。

9時45分。オーイ C2のおねいさんは今日も来ないのかあ?
と噂をしていたら来た。C2のおにいさんも一緒なので,なかなか
はがいじめはむづかしい。

0時20分。ここでSYS-1から一言お言葉をいただく。

「タイにも行けたし,曲も書いたし,ディレクションもしたし,
まるで平沢さんのようです クラップ」

だそうです。

ところで,ライブハウス のロフトが20周年だそうで,記念本
のためのコメントを求められた。締め切りは今日。小西はすらすら
と240字も書いた。平沢はこういうのは苦手。全然文章が出て
こない。ぜーんぜん。

1時30分。
今日はミキシングコンソールをコントロールするコンピュータ
がよく問題おこす。間もなく最終段階に入るのだが,現在
トラブル待ち。
C2のおにいさん,おねいさん TESLAKITEのおねいさんは
とっくにスタジオの外。なんだか楽しそうにガハガハ笑っている。
C2のおにいさんはコーラの飲みすぎで,歯がボロボロだ。

2時0分。
ところで,平沢はロフトのコメントが出てこない。
ぜーんぜん 出て来ない。

2時15分。
最終確認に突入。間もなくスタジオ作業は終了しようとしている。
ちなみに,CDが完成するまでにアーティストが立ち会わなければ
ならない工程があと一つある。「マスタリング」だ。これは
数日後に別のスタジオで行われる。ちなみに 平沢はマスタリング
がけっこう嫌いなのだ。ロフトのコメントは未だ出てこない。

2時25分。
ところで,ロフトのコメントはまだ出てこない。

3時20分。MIX DOWN 終了。 みなさん,お疲れさまでした。









[<   8 9 10 (11) キミはTAINACOに面影を見たか? 平沢進 MPEGシアター - 1 平沢進 MPEGシアター - 2   >]



execution time : sec